氏名 野瀬 幹夫(NOSE Mikio ) 職名・学位 教授 博士(工学)・九州大学
所属1 工学部工学科 船舶工学コース
所属2 大学院 工学研究科
所属3 大学院 新技術創成研究所
所属4 副学長
所属5
所属学会 日本船舶海洋工学会
メール NOSE_Mikio@NiAS.ac.jp
専攻分野 船舶工学、構造システム
専門分野 構造強度、マリンデザイン、CAD
研究テーマ 1.波浪中における横断面の反りを考慮した縦の全体強度理論および実用化システムに関する研究
2.構造解析における波浪荷重の精度向上に関する研究
3.高速翼走をめざした人力水中翼船の研究開発
4.初期構造計画時における3次元CADを用いた船殻設計システムの開発に関する研究
研究概要 最近,船舶などの大型構造物の初期計画や概念設計の段階において,多くの構造の候補案から短期間に,高精度で低コスト,簡便で最適な設計が求められている。この段階に常に有限要素法による大規模な構造解析を用いて設計を行うことは容易でない。そこで,ここでは,板・骨構造物や薄板構造物の初期計画・設計に必要とされる簡便で高精度な構造解析ならびに新しい概念を導入した構造解析の実用化システムの考え方や手法について教育・研究を行う。
担当科目等 薄板構造特論Ⅰ、薄板構造特論Ⅱ,生産技術学特別研究,生産技術学特別演習B,生産技術学演習Ⅰ、生産技術学演習Ⅱ、生産技術学実験、構造力学、船体強度論Ⅰ、船体強度論Ⅱ、造船設計Ⅳ、造船設計Ⅳ演習、船舶海洋工学入門、プロジェクトⅠ、プロジェクトⅡ、プロジェクトⅢ、プロジェクトⅣ、卒業研究
特許
研究活動
論文 波のOrbital Motion による動的水位変動について 共著 昭和53年10月 長崎総合科学大学・紀要・第19巻・ 慎 燦益,青木伊知郎,野瀬幹夫, pp17~29
  傾斜した船の波浪中の運動について 共著 昭和54年3月 長崎総合科学大学大学院工学研究科流体工学専攻修士論文 野瀬幹夫 pp1~227
  船体防撓構造の座屈強度について 共著 昭和56年8月 西部造船会会報・第62号 山越道郎,前田靖弘,野瀬幹夫,永浜信一 pp235~245
  マイクロコンピュ-タによる構造物実験・理論計算結果の同時デ-タ処理 共著 昭和60年10月 長崎総合科学大学・紀要・第27巻1号 野瀬幹夫,森 正浩 pp17~29
  船体梁の縦強度応答に及ぼす剪断変形の影響(第一報) - 撒積貨物船の場合 - 共著 昭和62年12月 日本造船学会論文集・第162号 森 正浩,野瀬幹夫,倉本美男,野崎慎一郎 pp437~447
  On the Effect of Rotatory Inertia upon theVertical Characteristics of a Floating Airport 共著 昭和63年11月 TECHNO-OCEAN'88 INTERNATIONAL SYMPOSIUM KOBE JAPAN・VOL 1E MASAHIROMORI ,MIKIO NOSE I,.NISIKAWA ,Y.ATUMI pp349~356
  船体梁の縦強度応答に及ぼす剪断変形の影響 (第二報) - 有限要素法による計算結果との比較 - 共著 昭和63年12月 日本造船学会論文集・第164号 森 正浩 ,野瀬幹夫,倉本美男,畑山嘉史 pp437~447
  剪断変形を考慮した船体梁の縦強度応答自動計算システムの開発とその応用(第一報)- 横断面の剪断流が静定となる薄肉断面梁の場合 - 共著 平成2年8月 西部造船会会報・第80号 野瀬幹夫,菅原嘉明 pp195~216
  横断面の反りを考慮した薄肉変断面梁の解析法および船体縦強度への適用に関する研究 単著 平成5年2月 九州大学博士学位請求論文・工博乙第1001号 野瀬幹夫 pp1~279
  縦曲げにおける横断面の反りを考慮した薄肉変断面梁の応力解析法に関する研究 共著 平成5年8月 西部造船会会報・第86号 野瀬幹夫,森 正浩,倉本美男 pp161~181
  横断面の反りを考慮をした二重船殻油槽船の縦強度に関する研究 共著 平成5年12月 日本造船学会論文集・第174号 野瀬幹夫,森 正浩,渡辺栄一,橋本州史 pp457~468
  横断面の反りを考慮した船体縦強度理論の実用化に 関する研究(第一報) 共著 平成8年3月 西部造船会会報・第91号 野瀬幹夫,大垣嘉誌治 pp131~145
  横断面の反りを考慮した船体縦強度理論の実用化に関する研究 (第二報) 共著 平成10年3月 西部造船会会報(第95号) 野瀬幹夫、鈴木健介、古野弘志 pp.109~120
  縦曲げにおける横断面の反りを考慮した薄肉変断面梁の変形解析法に関する研究 共著 平成12年3月 西部造船会会報・第99号 pp179~192 野瀬幹夫、森 正浩、日垣智寛 pp179~192
  横断面の反りを考慮した船体縦強度理論の実用化に関する研究(第三報) 共著 平成13年3月 西部造船会会報・第101号 野瀬幹夫、 宮田 聡、松岡和彦 pp155~166
  CFRP製人力水中翼船フロートの簡易成形技術 共著 平成14年8月 西部造船会会報・第104号 星  光、野瀬幹夫 pp173~179
  水平曲げにおける横断面の反りを考慮した船体縦強度理論の実用化に関する研究(第一報) 共著 平成15年3月 西部造船会会報・第105号 野瀬幹夫、松尾宗幸、松岡和彦 pp305~318
  水平曲げにおける横断面の反りを考慮した船体縦強度理論の実用化に関する研究(第二報) 共著 平成15年8月 西部造船会会報・第106号 野瀬幹夫、松尾宗幸、松岡和彦 pp229~243
  水平曲げにおける横断面の反りを考慮をした船体縦強度理論の実用化に関する研究(第三報) 共著 平成15年8月 西部造船会会報・第106号 野瀬幹夫、松尾宗幸 、松岡和彦 pp245~259
  CFRP補強部分円筒殻の座屈実験 共著 平成15年8月 第45回構造強度に関する講演会講演集 星 光、野瀬幹夫、石川隆司、岩堀 豊 pp.221~223
  人力水中翼船の3次元CADによる設計とFEMによる構造解析 共著 平成16年8月 長崎総合科学大学・情報科学センター所報・No14 野瀬幹夫、岸 邦壮 pp.13~21
  水平曲げにおける横断面の反りを考慮した薄肉変断面梁の応力解析法に関する研究 共著 平成16年8月 西部造船会会報。第108号 野瀬幹夫、松岡和彦、森 正浩 pp.235~246
  水平曲げ・捩れ荷重を受ける薄肉変断面梁の捩り強度解析法の実用化に関する研究(第一報) - 撒積貨物船の場合 - 共著 平成16年8月 西部造船会会報・第108号 野瀬幹夫、松岡和彦、河原幸典 、豊福正史 pp247~260
  初期構造計画時における3次元CADを利用した船殻モデルの構築に関する研究 共著 平成16年8月 西部造船会会報・第108号 松岡和彦、野瀬幹夫 pp261~274
  初期構造計画時における3次元CADを利用した設計検討システムに関する研究 共著 平成16年11月 日本造船学会講演会論文集 第4号 松岡和彦、野瀬幹夫 pp.19 ~20
  垂直剪断力による断面の反りが船体の縦曲げ最終強度に及ぼす影響に関する研究 共著 平成17年3月 関西造船協会論文集,第243号 矢尾哲也,今安英一郎,前野嘉孝,藤井康成, 野瀬幹夫 pp57~66
  コンテナ船の初期設計時における全体強度解析実用化に関する研究 共著 平成18年5月 日本船舶海洋工学会講演会論文集・2W号 野瀬幹夫、松岡和彦、藤井一申、久毛直樹、奥村一生、野崎愼一郎 pp.49~52
  造船3DーCADを用いた迅速な船体中央部の初期構造設計システムに関する研究 共著 平成19年5月 日本船舶海洋工学会講演会論文集・第4号 野瀬幹夫、松尾晃、前田幸喜、角田陽平、野本隆洋、松岡和彦、ペールグンナレ pp.195~198
  造船のおける3次元システムの適用と評価 共著 平成19年9月 長崎総合科学大学・紀要・第47巻 第2号 比翼謙太郎、野瀬幹夫、奥本泰久 pp.73~81
  水平曲げにおける横断面の反りの影響を考慮した船体縦強度理論の新しい実用化に関する研究 共著 平成20年5月 日本船舶海洋工学会講演会論文集・第6号 野瀬幹夫、奥村一生 pp.383~386
  グラフ理論を用いた薄肉断面構造の剪断流解析法に関する研究(第1報)ー解析法ー 共著 平成21年5月 日本船舶海洋工学会講演会論文集・第8号 野瀬幹夫、野崎慎一郎 pp.423~426
  水平曲げ・捩れ荷重を受ける船体梁の捩り強度解析法の新しい実用化に関する研究 共著 平成21年5月 日本船舶海洋工学会講演会論文集・第8号 野瀬幹夫、河野泰典、野崎慎一郎 pp.427~430
  コンテナ船の初期構造計画時における全体強度解析法の実用化に関する研究 単著 平成22年6月18日 科学研究費補助金成果報告書 基盤研究(C) 野瀬幹夫 pp1~pp6.
  グラフ理論を用いた薄肉断面構造の剪断流解析法に関する研究(第1報)- 解析法 - 共著 平成22年6月 日本船舶海洋工学会論文集 第11号 野瀬幹夫,野崎慎一郎 pp.207~pp.214
  初期構造設計のためのルールを用いた疲労強度計算システムの開発 共著 平成22年11月5日 日本船舶海洋工学会講演会論文,第11号 野瀬幹夫,立石昌也 pp.19-22
  縦曲げにおける横断面の反りの影響を考慮した船体縦強度理論の新しい実用化に関する研究 共著 平成22年11月5日 日本船舶海洋工学会講演会論文集,第11号 野瀬幹夫,河野泰典,宇治野史人,野崎慎一郎 pp.103-106.
  グラフ理論を用いた薄肉断面構造の剪断流解析法に関する研究(第2報) -船体横断面への適用- 共著 平成23年.5月19日 日本船舶海洋工学会講演会論文集・第12号 野崎慎一郎 ,野瀬幹夫 p323~p326.
  Research on the Shear Flow Analysis Using the Graph Theory and its Application Coauthorship September 3-6, 2012 TEAM 2012 Proceedings of the 26th Assian-Pacific Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure. Kyushu University, Fukuoka, JAPAN Shinichiro NOZAKI, Mikio NOSE pp71~76
  横断面の反りを考慮したコンテナ船の全体強度解析に関する研究 共著 平成28年5月27日 日本船舶海洋工学会講演会論文集,第22号 野瀬幹夫、宇治野史人,河村 篤  
その他の主な活動
学会 平成 6年 7月~平成10年6月 日本造船学会船体構造委員会西部地区部会委員
  平成 9年 4月 ~現在に至る 西部造船技術研究委員会構造部会委員
  平成10年7月~現在に至る 海洋工学委員会構造部会委員
  平成10年 7月~現在に至る 日本造船学会構造・材料研究委員会船体構造部会実船調査専門委員会委員
  平成10年12月~平成13年3月 第14回国際船舶海洋構造会議(ISSC2000)実行委員会本会議対応WG委員
  平成13年 5月~平成15年5月 西部造船会電子情報化委員会委員
  平成15年5月~平成17年5月 西部造船会広報・情報委員会幹事
  平成15年5月~平成17年5月 西部造船会評議員
  平成17年6月~平成19年5月 日本船舶海洋工学会西部支部商議員
  平成17年6月~平成21年3月 日本船舶海洋工学会編集委員(西部支部所属)
  平成19年4月~平成24年3月 長崎県立長崎工業高等学校評議員
  平成21年4月~現在に至る 西部造船会技術研究会運営委員
  平成21年4月~平成27年5月 日本船舶海洋工学会西部支部運営委員
  平成21年7月~平成23年6月 日本船舶海洋工学会 国際企画委員会国際学術協力部会委員
  平成23年11月~現在に至る 日本船舶海洋工学会代議員
もの造り活動 平成8年8月 FF駆動型人力水中翼船「ABAABAⅢ」進水
  平成8年10月 第5回させぼ夢の船コンテスト 人力水中翼船「ABAABAⅢ」総合優勝
  平成9年10月 人力水中翼船「ABAABAⅣ」が10ノット達成(100m完全翼走状態)
  平成12年10月 CFRP・硬質アルミ製人力水中翼船「Weast Gale」進水
  平成13年10月 第10回させぼ夢の船コンテスト、スピードコンペ人力部門で、 人力水中翼船「West Gale 01」完全優勝(V1)
  平成14年8月 2002年ソーラ&人力ボート全日本選手権大会人力ボートの部で、人力水中翼船「Weast Gale 02」学生優勝(V1)
  平成14年10月 第11回させぼ夢の船コンテスト、スピードコンペ人力部門で、人力水中翼船「West Gale 02」完全優勝(V2)
  平成15年8月 2003年ソーラ&人力ボート全日本選手権大会人力ボートの部で、人力水中翼船「Weast Gale 03」学生優勝(V2)
  平成16年2月 人力水中翼船「Weast Gale 03」、平成15年度マリンスポーツ年間優秀選手表彰 特別賞受賞 (東京ボートショウにて表彰)
  平成16年8月 2004年ソーラ&人力ボート全日本選手権大会人力ボートの部で、人力水中翼船「Weast Gale 04」学生優勝(V3)
  平成17年8月 2005年ソーラ&人力ボート全日本選手権大会人力ボートの部で、人力水中翼船「Weast Gale 05」学生優勝(V4)
  平成18年7月 2006年ソーラ&人力ボート全日本選手権大会人力ボートの部で、人力水中翼船「Weast Gale 06」学生優勝(V5)
    研究室HPへ