氏名 黒田 勝彦(KURODA Katsuhiko) 職名・学位 教授 博士(工学)
所属1 工学部工学科 機械工学コース ⇒ホームページ
所属2 大学院 工学研究科
所属3 大学院 新技術創成研究所
所属4
所属5
所属学会 日本機械学会 日本マリンエンジニアリング学会 日本流体力学会 自動車技術会 日本設計工学会 
メール KURODA_Katsuhiko@NiAS.ac.jp
専攻分野 機械工学
専門分野 振動音響工学
研究テーマ 1.統計的エネルギー解析法またはエネルギーフローモデルを用いた振動・騒音源の同定および低減方法に関する研究
2.伝達経路解析を用いた入力同定と伝達寄与に関する研究
3.実稼動TPAを援用した損傷箇所同定に関する研究
4.有限要素法による振動騒音解析
5.楽器の音響特性を実現する構造特性に関する研究
6.振動・騒音の診断技術に関する研究
7.熱音響エンジンの研究開発
研究概要 http://www.mech.nias.ac.jp/blog_main/sb.cgi?eid=114
担当科目等 機械力学Ⅰ,機械力学Ⅱ,メカニズム,機械工学基礎実験,機械工学実験Ⅱ,技術英語,メカフォーラムⅢ,技術者倫理,機械工学演習,機械工学ゼミ,卒業研究,振動解析特論,有限要素法基礎論
特許 1.振動解析方法;特許4164482
2.部分構造の最適化方法;特許5477755
研究活動
学術論文 A Study on Comparison between Input Powers and Contribution Rates from Statistical Energy Analysis and Transfer Path Analysis on a Mechanical Structure 2013年12月 Journal of System Design and Dynamics, Vol.7, No.4 K.Kuroda, T.Yamazaki pp.504-515
  Structural Optimization of Subsystems to Realize Desired SEA Parameters 2013年12月 Journal of System Design and Dynamics, Vol.7, No.4 K.Kuroda, T.Yamazaki, F.Kuratani pp.539-551
  所望のSEAパラメータを実現する要素形状の適正化 2013年4月 日本機械学会論文集C編,Vol.79,No.800 黒田勝彦,山崎徹,鞍谷文保 pp.1012-1023
  SEAとTPAによる機械構造物の入力パワーと伝達寄与に関する一考察 2013年3月 日本機械学会論文集C編,Vol.79,No.799 黒田勝彦,山崎徹 pp.495-506
  振動エネルギー伝搬解析によるヴァイオリン構造の考察 2012年5月 日本機械学会論文集B編,Vol.78,No.789 山崎徹,曽根崇正,橋本 崇史,黒田勝彦 pp.988-992
  Influence of In-plane Vibration on SEA Model for Flexural Vibration on Plate Structures 2012年4月 Journal of System Design and Dynamics, Vol.6, No.2 K.Kuroda, T.Yamazaki, F.Kuratani pp.227-239
  Estimation of Input Power to Structure in Machine Operation using Energy Analysis 2011年12月 Journal of System Design and Dynamics, Vol.5, No.8 K.Kuroda, T.Yamazaki, T.Hashimoto pp.1582-1592
  エネルギー解析による機械製品の実稼動時の入力パワーの推定 2011年5月 日本機械学会論文集C編,Vol.77,No.777 黒田勝彦,山崎徹,橋本 崇史 pp.1737-1747
  任意の接続角度を有するはりの面外振動のSEAモデルに及ぼす面内振動の影響 2010年6月 日本機械学会論文集C編,76巻766号 黒田勝彦,山崎徹,鞍谷文保 pp.1462-1469
  The method of application of SEA in structural design process for reducing structure-borne noise in machinery Part 1: General procedure 2009年 MECHANICS, Vol.28, No.3 T.Yamazaki, K.Kuroda pp. 69-75
  The method of application of SEA in structural design process for reducing structure-borne noise in machinery Part 2: Structural optimization of subsystems 2009年 MECHANICS, Vol.28, No.3 K.Kuroda, F.Kuratani, T.Yamazaki pp. 76-82
  Verification of Representation of Analytical SEA Parameters for Structure-Borne Sound in Terms of Modal Density by Using FEM 2009年11月 Journal of Environment and Engineering, Vol.4, No.2 T.Yamazaki, K.Kuroda pp.431-442
  部分構造を対象としたFEMによるSEAパラメータの評価-FEM-SEAの提案- 2008年11月 日本機械学会論文集C編,74巻747号 山崎徹,黒田勝彦,鎌田実 pp.2655-2661
  固体音解析における解析SEAパラメータのFEMによる検証 2008年8月 日本機械学会論文集C編,74巻744号 山崎徹,黒田勝彦 pp.1963-1970
  平板構造物の面外振動のSEAモデルに及ぼす面内振動の影響 2008年8月 日本機械学会論文集C編,74巻744号 黒田勝彦,山崎徹,鞍谷文保 pp.1955-1962
  過渡SEAの二自由度系による基礎的検討 2008年4月 日本機械学会論文集C編,74巻740号 山崎徹,石川慧介,Maksyutov Stanislav,黒田勝彦 pp.773-779
  SEAによる機械製品の固体音低減プロセス 2007年2月 日本機械学会論文集C編,73巻726号 山崎徹,黒田勝彦,森厚夫 pp.446-452
学位論文 統計的エネルギー解析法による固体音低減プロセスに関する研究 2010年1月 同志社大学 博士論文 黒田勝彦  
  垂直上昇気流中における気水分離器の圧力損失特性 1995年3月 神戸商船大学 修士論文 黒田勝彦  
査読付英語講演論文 Structural Optimization of SEA Subsystems using Finite Element Model 2015年11月 16th Asia Pacific Vibration Control Conference K.Kuroda pp.237-243
  Comparison Method of Input Powers and Contribution Rates between Statistical Energy Analysis and Transfer Path Analysis for Small Power Generator's Enclosure 2015年11月 The 21st Small Engine Technology Conference H. Ladin, N. Tsujiuchi, A. Ito and K. Kuroda 20159774
  Comparison between Input Powers and Contribution Rates from Energy Analysis and Transfer Path Analysis on Thin-Walled Plane Frame Structures 2013年6月 15th Asia Pacific Vibration Control Conference K.Kuroda, T.Yamazaki, Hilmi Bin Hela Ladin, Takayuki Koizumi W2_303B_1.pdf
  Identification of Input Power to Structure in Machine Operation Using Energy Analysis Models 2011年12月 14th Asia Pacific Vibration Control Conference K.Kuroda, T.Yamazaki pp.1991-2000
  A structural modification process for reducing structure-borne noise in machinery using experimental SEA and FEM-SEA 2009年11月 13th Asia Pacific Vibration Control Conference K.Kuroda, T.Yamazaki, T.Koizumi 37.pdf
  A Structural Design Process for Reducing Structure-Borne Sound on Machinery Using SEA -1st Report: Identification of SEA subsystems for countermeasure- 2009年5月 Proceedings of Mardih 2009 T.Yamazaki, K.Kuroda 116.pdf
  A Structural Design Process for Reducing Structure-Borne Sound on Machinery Using SEA -2nd Report: Structural optimization of SEA subsystems to realize desired SEA loss factors- 2009年5月 Proceedings of Mardih 2009 K.Kuroda, T.Yamazaki, F.Kuratani 117.pdf
  A structural design process for reducing structure-borne sound on machinery using SEA 2008年9月 Proceedings of International Conference on Noise and Vibration Engineering T.Yamazaki, K.Kuroda, S.Ohno isma2008.pdf
  Noise reduction of a laser printer using SEA and FEM 2006年9月 Proceedings of International Conference on Noise and Vibration Engineering A.Mori, T.Yamazaki, K.Kuroda, F.Kuratani isma2006_0263.pdf
  Experimental Test on α Type Model Stirling Device 2002年11月 THE 5th JSME-KSME Fluids Engineering Conference K.Kuroda pp.164
  Development of high efficiency stirling engine 2000年10月 4th JSME-KSME Thermal Engineering Conference K.Kuroda, Y.Haramura 2-703-707
英語講演論文 Finite-element-based experimental statistical energy analysis of a mechanical structure subjected to base excitation 2018年7月 Proceedings of 25th International Congress on Sound and Vibration in Hiroshima K.Kuroda, S. Namikawa 738.pdf
  Construction of Experimental SEA using FEM on a Mechanical Structure subjected to Displacement Excitation 2017年8月 Proceedings of Inter-Noise 2017 K.Kuroda pp.4107-4114
  A Study on Structural Optimization of SEA subsystems using Finite Element Model 2016年8月 Proceedings of Inter-Noise 2016 K.Kuroda pp.5501-5510
  Comparison of SEA and TPA for Input Source and Contribution Rates 2012年8月 Proceedings of Inter-Noise 2012 K.Kuroda, T.Yamazaki 126.pdf
  Structural Adjustment of SEA Subsystems to Realize Desired SEA Parameters 2008年10月 Proceedings of Inter-Noise 2008 K.Kuroda, T.Yamazaki, F.Kuratani in08_578.pdf
  Influences of In-plane Vibration on SEA Models Building Using FEM 2007年8月 Proceedings of Inter-Noise 2007 K.Kuroda, T.Yamazaki in07_014.pdf
  Characteristics of Transient Statistical Energy Analysis Using Case of Two DOF System 2006年12月 Proceedings of Inter-Noise 2006 T.Yamazaki, K.Ishikawa, K.Kuroda in06_620.pdf
  Influences of In-plane Vibration on SEA Models Building Using FEM 2006年12月 Proceedings of Inter-Noise 2006 K.Kuroda, T.Yamazaki in06_281.pdf
  Measurement and Modelling of Variation of Structural Dynamic Responses 2005年8月 Proceedings of Inter-Noise 2005 K.Kuroda, T.Yamazaki 1864.pdf
  Noise Reduction of A Laser Printer Using SEA And FEM 2005年7月 Proceedings of Twelfth International Congress on Sound and Vibration A.Mori, Y.Sasaki, K.Kuroda, T.Yamazaki 269.pdf
  Vibration analysis of office machines by SEA using FE model 2004年8月 Proceedings of Inter-Noise 2004 A.Mori, Y.Sasaki, A.Takanashi, K.Kuroda, T.Yamazaki, S.Ohno 330.pdf
  Vibration analysis of office machines by SEA using FE model 2004年7月 Proceedings of Eleventh International Congress on Sound and Vibration in St.Petersburg K.Kuroda, T.Yamazaki, A.Mori, Y.Sasaki, A.Takanashi pp.3265-3272
  Vibration Analysis of an Office Machine Using Statistical Energy Analysis 2004年4月 Proceedings of ICA2004, The 18th International Congress on Acoustics IV,Th4.G.3 A.Mori, A.Takanashi, K.Kuroda, T.Yamazaki, S.Ohno 2813-2816
  Vibration Analysis of A Printer Unit Using Statistical Energy Analysis 2003年8月 Proceedings of Inter-Noise 2003, N415 A.Mori, A.Takanashi, T.Yamazaki, K.Kuroda, S.Ohno pp.3708-3714
長崎総合科学大学関係 SEAによる振動入力パワーの変動を考慮した振動と音圧予測に関する研究 2018年7月 長崎総合科学大学紀要第58巻1号 黒田勝彦 pp.47-54
  接触を有する構造物のFEMを用いた振動モデルに関する研究 2017年8月 長崎総合科学大学所報第12号 黒田勝彦,荒巻聖,宮入徹 pp.27-32
  FEMを用いたSEA構造モデル構築法に関する研究 2017年7月 長崎総合科学大学紀要第57巻1号 黒田勝彦,並川修平 pp.33-38
  振動入力と放射音圧の相関に関する一考察 2016年9月 長崎総合科学大学所報第11号 黒田勝彦 pp.35-40
  パワーフローを目的関数とするSEAサブシステムの構造最適化に関する研究 2016年7月 長崎総合科学大学紀要第56巻1号 黒田勝彦 pp.36-42
  エネルギー法を用いた構造入力による音場応答の初期検討方法 2015年8月 長崎総合科学大学所報第10号 黒田勝彦 pp.99-104
  実稼動伝達経路解析を用いたインフラ構造物の異常状態予知技術の基礎検討 2015年6月 長崎総合科学大学紀要第55巻1号 黒田勝彦 pp.24-29
  バイオリンの音響特性を実現する構造物の創生と音質評価アンケート 2015年6月 長崎総合科学大学紀要第55巻1号 黒田勝彦,本村元 pp.30-37
  実験データを用いたTPAとSEAによる伝達寄与の比較検証 2014年8月 長崎総合科学大学所報第9号 黒田勝彦 pp.99-104
  内部音響空間を評価対象としたSEAと逆行列TPAの比較 2014年8月 長崎総合科学大学紀要第54巻 黒田勝彦 pp.23-30
  CAEを用いたSEA音場モデル構築法に関する基礎検討 2013年8月 長崎総合科学大学所報第8号 黒田勝彦 pp.71-76
  エネルギー解析と伝達経路解析による薄板フレーム構造物の入力パワーと寄与率の比較検討 2013年8月 長崎総合科学大学紀要第53巻 黒田勝彦 pp.17-24
  FEMを援用したSEAモデルの簡易構造設計手法に関する研究 2012年8月 長崎総合科学大学所報第7号 黒田勝彦 pp.111-116
  SEAとTPAによる入力源と伝達寄与に関する基礎検討 2012年8月 長崎総合科学大学紀要第52巻 黒田勝彦 pp.21-29
その他 SEAとTPAによる機械構造物の入力と伝達寄与に関する比較評価法の開発 2014年4月 日本工業出版 検査技術Vol.19, No.4 黒田勝彦 pp.21-25
その他の主な活動
学会 2010-2012年度 日本機械学会(RC-D10 分科会 委員)
  2012-2013年度 日本機械学会 九州支部第65・66期商議員
  2012-2014年度 日本機械学会(RC-D14 分科会 委員)
  2016年度- 日本機械学会 九州学生会 顧問
外部資金獲得 2011年度 公益財団法人スズキ財団,科学技術研究助成 「TPAとSEAによる振動源同定と振動伝達経路の評価手法に関する研究」
  2012年度 公益財団法人スズキ財団,研究者海外研修助成
  2013年度 財団法人JKA,機械研究補助 「機械構造物の入力源と伝達寄与に関する研究開発の補助事業」
  2014年度 公益財団法人スズキ財団,科学技術研究助成 「所望のSEAパラメータを実現する構造最適化に関する研究」
  2015年度 財団法人JKA,機械研究補助 「振動エネルギー流れに注目した最適設計の研究開発の補助事業」
  2015年度 公益財団法人スズキ財団,研究者海外研修助成
  2017年度 財団法人JKA,機械研究補助 「構造物の入力パワーの変動を考慮した高精度の音圧予測手法の開発の補助事業」
  2018年度 財団法人JKA,機械研究補助 「SEAを用いた制振材料の適正配置の最適構造に関する研究開発の補助事業」