氏名 若林 節子(wakabayashi setsuko) 職名・学位 教授 言語学博士・英国ヨーク大学院英、言語学修士・英国エディンバラ大学院
所属1 共通教育部門
所属2
所属3
所属4
所属5
所属学会 ことばの科学会 外国語教育メディア学会(LET) 日本高次脳機能障害学会
メール WAKABAYASHI_Setsuko@NiAS.ac.jp
専攻分野 言語学(心理言語学) 
専門分野
研究テーマ
研究概要
担当科目等 •アドバンスト・パフォーマンス(LL)BI •アドバンスト・パフォーマンス(LL)BII •アドバンスト・パフォーマンスBI •アドバンスト・パフォーマンスBII •トピック・スタディI (英語)  •トピック・スタディII(英語) •英語I •英語II •英語III  •英語IV  •演習(入門)I •演習(入門)II •演習III •演習IV •演習V •演習VI •演習VII •演習VIII •基礎演習I  •基礎演習II •心理言語学I •心理
特許
研究活動
論文 『聴解プロセスのフィードバック・モデル:マルチパス・モデル』 2004 「ヒューマンインタフェースシンポジウム2004 論文集」(2005).    
  『Sizes of listening processing units 』 単著   「ことばの科学研究」第4号 (2003)    
  The role of information in listening comprehension processing 共著   Human Interface 2003 (2004).    
  『聴解プロセスにおける情報単位についての認知的考察』 共著   Human Interface 2002 (2002)    
  『聴解における聴取ユニットのダイナミックなパタン』(共著) 共著   「日本教育工学関連学協会連合第18回全国大会論文集」(2002).    
  『Mental Distance in Listening Comprehension Processing 』 単著   「ことばの科学研究」 第3号 (2002).    
  Quantitative Analysis of Different Processing Patterns in Listening Comprehension by L2 Listeners 単著   InResearch Institute for the Languages of Finland, (eds.) Saukkonen & Suni. (1997).    
  The Implications for Different Types of Help in Listening Comprehension(共著)、ON-CALL, Vol.9 No.1 (1994). 他 共著 1994 ON-CALL, Vol.9 No.1    
著書  「応用言語学事典」(心理言語学)(共著)、研究社. 共著 2003 研究社    
  •2003 Saccadic Processes in Listening-Comprehension Processing as Cognitive Interactions between Listeners and Texts in a Computer-Based Learning Environment. In J. Jacko and C. Stephanidis (eds.)Human-Computer Interaction Theory and Practice (Part I) 1 共著   Lawrence Erlbaum Associates, Publishers, London.