氏名 田中 賢一(TANAKA Ken-ichi) 職名・学位 教授 博士(工学)
所属1 総合情報学部総合情報学科 知能情報コース
所属2 大学院 工学研究科
所属3 大学院 新技術創成研究所
所属4
所属5 情報学部 知能情報学科
所属学会 電子情報通信学会,映像情報メディア学会,画像電子学会,芸術科学会,IEEE,OSA
メール TANAKA_Kenichi@NiAS.ac.jp
専攻分野 情報学,電気電子工学
専門分野 メディア情報学,情報通信工学,電子機器工学
研究テーマ 1. ディジタルホログラフィ
2. ディジタルハーフトーン処理
3. データハイディング
4. 映像の表現・評価
5. ゲーム制作技術
6. 光学機器の設計
研究概要 1. めがねのいらない立体映像の表示としてホログラフィが存在する.ただし,仮想物体やレーザを照射できない物体においては,計算機による合成が必要となる.その技術をディジタルホログラフィというが,その技術を動画化するための研究を行っている.
2. プリンタが広く民生用に出回るようになったが,結局のところシアン・マゼンタ・イエローの減法混色によるものであり,ディザ法や誤差拡散法などの信号処理が必要になる.プリンタから得られる印刷物のさらなる高品質化を目指す.
3. 著作権の保護や,真贋の判定など,情報のセキュリティは重要であるが,その目的に応じたセキュリティ強度を満たすデータハイディングの方法を考察する.
4. 画像などのメディア情報は,最終的には人間の主観により評価されることになる.その主観的評価と客観的評価基準の類似性が高くなるような指数を見いだす.また,画質評価を高くするような表現技法を見いだす.
5. ゲーム制作を考える方は多くなってきていて,多くのゲームがリリースされるようになった.しかし,長続きするようなゲームは大変少ない.その理由を考察するとともに,簡単に飽きの来ないようなゲームにするための制作技術を研究する.
6. めがねやカメラなどに装填されるレンズや,ウィンドウなどにはまだ不便と思われることも少なくない.その不便さを解決するようなレンズやウィンドウなどの光学機器を設計する.

詳細は,このリンクをご覧下さい.
担当科目等 (総合情報学部)インターフェイスデザイン,インタラクションデザイン,(情報学部)色彩設計,ディジタルアニメーション,ゲーム開発論,(大学院)ヒューマンインターフェイス特論
特許
研究活動
著書 電子透かし技術 2004年1月 東京電機大学出版局 画像電子学会 編, 小松 尚久 監修, 田中 賢一 監修  
  マンガでわかる電子回路 2009年10月 オーム社 田中 賢一 著 高山 ヤマ 作画 トレンド・プロ 制作  
  画像メディア工学 ―イメージ解析から出力まで,初心者のためのマルチメディア入門書― 2010年1月 共立出版 田中賢一  
  マンガでわかる電気数学 2011年11月 オーム社 田中 賢一 著 松下 マイ作画 オフィスsawa 制作  
  例解アナログ電子回路 2011年11月 共立出版 田中賢一  
論文 誤差拡散法による2値に位相量子化した計算機ホログラムの再生像の改善 1994年3月 電子情報通信学会論文誌(C-I),Vol. J77-C-I,No. 3, pp. 101-112 田中賢一,下村輝夫  
  繰返し法による計算機ホログラム再生像の収束性 1994年4月 電子情報通信学会論文誌(C-I),Vol. J77-C-I, No. 4, pp. 149-152 田中賢一,下村輝夫  
  ペアノ曲線を用いた誤差拡散法による計算機ホログラム 1994年8月 電子情報通信学会論文誌(C-I), Vol. J77-C-I, No. 8, pp. 437-445 田中賢一,下村輝夫  
  繰返し法と誤差拡散法との併用による2値に位相量子化した計算機ホログラム再生像の改善 1995年2月 電子情報通信学会論文誌(C-I), Vol. J78-C-I, No. 2, pp. 112-115 田中賢一,下村輝夫  
  ペアノ走査によるハーフトーン処理におけるエッジ強調アルゴリズムの適用 1995年3月 電子情報通信学会論文誌(D-II),Vol. J77-D-II, No.3, pp.445-452 田中賢一,下村輝夫  
  ペアノ走査を用いた計算機ホログラムにおけるエッジ強調アルゴリズムの適用 1995年12月 電子情報通信学会論文誌(C-I),Vol. J78-C-I, No.12, pp.697-699 田中賢一,下村輝夫  
  計算機ホログラムからの3次元像再生シミュレ-ション 1995年12月 光学,Vol. 24, No. 12, pp. 739-744 田中賢一,下村輝夫  
  シミュレーテッドアニーリングを用いた計算機ホログラムにおけるコスト関数の影響 1997年2月 電子情報通信学会論文誌(C-I),Vol. J80-C-I, No. 2, pp. 100-104 田中賢一,坂本賢政,下村輝夫  
  誤差拡散法における計算機ホログラムと擬似中間調画像との関係 1998年3月 映像情報メディア学会誌,Vol. 52, No. 3, pp. 402-405 田中賢一,下村輝夫  
  誤差拡散法による計算機ホログラムからの3次元像再生 1998年3月 映像情報メディア学会誌,Vol. 52, No. 3, pp. 399-401 田中賢一,下村輝夫  
  GAを用いた断層型3次元CGHの再生像改善 2000年3月 ディスプレイ アンド イメージング,Vol. 8, No. 3, pp.217-223 田中賢一  
  GAによる計算機ホログラムにおける最適誤差拡散の推定方法 2000年3月 映像情報メディア学会誌,Vol. 54, No.3, pp. 394-401 田中賢一  
  SAを用いた擬似中間調画像の改良 2000年7月 映像情報メディア学会誌,Vol. 54, No. 7, pp. 1104-1106 田中賢一  
  印象派芸術から立体映像技術への歴史的考察 2002年1月 画像電子学会誌,Vol. 31, No. 1, pp.52-57 田中賢一  
  ディザ画像への計算機ホログラムの埋め込み 2006年9月 映像情報メディア学会誌,Vol. 60, No. 9, pp.1459-1472 田中賢一  
  可変計算領域型最小2乗法による逆ハーフトーン処理 2007年1月 映像情報メディア学会誌,Vol. 61, No.1, pp.98-101 田中賢一  
  SAを用いたカラー画像のハーフトーン処理 2007年6月 映像情報メディア学会誌,Vol. 61, No. 6, pp. 828-837 田中賢一  
  計算機ホログラムにおける物体位置と誤差拡散係数との関係”, 2008年5月 映像情報メディア学会誌,Vol. 62, No. 5, pp.796-802 田中賢一,齋木 卓  
  カルマンフィルタを用いた逆ハーフトーン処理”, 2008年10月 電子情報通信学会論文誌(A),Vol. J91-A, No. 10, pp. 968-973 田中賢一,高木一平  
  複素アダマール変換を用いた擬似計算機ホログラムの合成とディザ画像への埋込みの応用 2008年11月 映像情報メディア学会誌,Vol. 62, No. 11, pp. 1746-1761 田中賢一,藤田泰仁,磯井亮太  
  計算機ホログラムにおける物体の位置ならびに大きさと誤差拡散係数との関係 2009年7月 画像電子学会誌,Vol. 38, No. 4, pp. 493-502 田中賢一,西 謹  
  誤差拡散法を用いたキノフォームの再生像改善 2009年7月 映像情報メディア学会誌,Vol. 63, No. 7, pp. 977-983 田中賢一,藤田雄大  
  GAを用いたキノフォームにおける最適誤差拡散係数の探索 2011年5月 画像電子学会誌,Vol. 40, No.5, pp.815-822 田中賢一,清水裕太  
  Embedding of computer-generated hologram in a dithered image 2011年12月 Applied Optics, Vol. 50, No. 34, pp. H315-H326 Ken-ichi TANAKA  
  キノフォームに対するエッジ強調誤差拡散法の適用 2013年4月 映像情報メディア学会論文誌,Vol. 67, No. 4, pp. 142-147 田中賢一,川口廣志郎,松尾紘樹  
  GAを用いた計算機ホログラムのための誤差拡散係数とエッジ強調係数の探索 2013年9月 画像電子学会誌, Vol. 42, No.5, pp. 698-705 田中賢一,阿部俊一郎  
  時分割ホログラフィ再生のためのホログラムの要素分解法の検討 2014年1月 画像電子学会誌,Vol.43, No.1, pp.54-61 高野邦彦,菊本誠也,本島一樹,矢口智也,佐藤甲癸,大木真琴,田中賢一,浅井紀久夫  
論文/国際会議 Estimation of Optimal Error Diffusion for Computer-Generated Holograms 1998年11月 Proc. SPIE, Vol. 3491, pp.1017-1022 Ken-ichi Tanaka and Teruo Shimomura  
  Search of optimal error diffusion for three dimensional images reconstruction 2000年1月 Proceedings of International Workshop on Advanced Imaging Technology, pp.83-88 Ken-ichi Tanaka  
  Quantization of Color Images Using SA 2001年6月 Proc. IEEE ICME 2001, pp.141-144 Ken-ichi Tanaka  
  Improvement of Color Images Halftoning with Simulated Annealing 2007年1月 Proc. 12th AROB, pp.430-433 Ken-ichi Tanaka and Ryota Isoi  
  Inverse Halftoning Using Minimum Mean Square Method with Variable Calculation Area 2007年1月 Proceedings of International Workshop on Advanced Imaging Technology, pp.100-103 Ken-ichi Tanaka and Yuta Senokuchi  
  Relationship Between Error Diffusion Coefficients and Object Position for Computer-Generated Holograms 2007年1月 International Workshop on Advanced Image Technology 2007, pp.213-216 Ken-ichi Tanaka and Suguru Saiki  
  Visualization of underwater microbe using high depth of field aspheric lens 2007年1月 International Workshop on Advanced Image Technology 2007, pp.217-220 Ken-ichi Tanaka and Jun-ichi Sakato  
  A Digital Watermarking of Pseudo Hologram Using Complex Hadamard Transform 2008年1月 International Workshop on Advanced Image Technology 2008, pp.P2-9 Ken-ichi Tanaka and Ryota Isoi  
  Computer-Generated Pseudo Hologram with Complex Hadamard Transform and Improvement of Image Reconstruction 2008年1月 International Workshop on Advanced Image Technology 2008, pp.P2-14 Ken-ichi Tanaka and Yasuhito Fujita  
  Improvement of Color Images Halftoning with Simulated Annealing 2008年1月 International Workshop on Advanced Image Technology 2008, pp.P3-1 Ken-ichi Tanaka and Yoshiaki Takahashi  
  Inverse Halftoning Using Kalman Filtering 2008年1月 International Workshop on Advanced Image Technology 2008, pp.P3-2 Ken-ichi Tanaka and Ippei Takagi  
  Observation Microbes Using the General Digital Camera 2008年1月 International Workshop on Advanced Image Technology 2008 pp.P2-3 Ken-ichi Tanaka and Yuta Senokuchi  
  Recognition of Reconstructed Images from Computer-Generated Hologram Used in Digital Watermarking 2008年1月 International Workshop on Advanced Image Technology 2008, pp.P2-9 Ken-ichi Tanaka and Jun-ichi Sakato  
  Relationship Between Error Diffusion Coefficients and Object Position for Computer-Generated Hologram 2008年1月 International Workshop on Advanced Image Technology 2008, pp.P2-11 Ken-ichi Tanaka and Susumu Nishi  
  Visualization of Under Water Microbe Using High Depth of Field 2008年1月 International Workshop on Advanced Image Technology 2008 pp.P2-4 Ken-ichi Tanaka, Yuta Fujita and Jun-ichi Sakato  
  Digital Watermark Reproduction Image Attention That Uses Phase Only Correlation Method 2009年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2009 pp.0014 Fumiya Inaba and Ken-ichi Tanaka  
  Improvement of Image Reconstruction from Kinoform using Error-Diffusion Method 2009年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2009 pp.0040 Yuta Fujita and Ken-ichi Tanaka  
  Improvement of image processing speed of the 2D Fast Complex Hadamard Transform 2009年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2009 pp.0012 Yasuhito Fujita and Ken-ichi Tanaka  
  Improvement of reconstructed image from computer generated psuedo holograms using iterative method 2009年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2009 pp.0028 Kouta Sakanaka and Ken-ichi Tanaka  
  Inverse Halftoning of Color Image Using Kalman Filter 2009年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2009 pp.0049 Youhei Kemuriyama and Ken-ichi Tanaka  
  Relationship Between Error Diffusion Coefficients, Object Size and Object Position for CGH 2009年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2009 pp.0011 Susumu Nishi and Ken-ichi Tanaka  
  Estimation of the optimal error diffusion coefficients for Kinoform Image Reconstruction using Genetic Algorithm 2010年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2010 pp.110 Yuta Shimizu and Ken-ichi Tanaka  
  Improvement and evaluation of color halftoning using error diffusion method 2010年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2010 pp.140 Hiroki Arai, Yoshiaki Takahashi and Ken-ichi Tanaka  
  Improvement of reconstructed image from computer generated psuedo hologram by the relation between the diffusion coefficients and the noise pattern 2010年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2010, pp.139 Kouta Sakanaka and Ken-ichi Tanaka  
  Authentication of CGH reconstructed image using Complex Hadamard Transform 2011年1月 Proceedings ofInternational Workshop on Advanced Image Technology 2011 in CD-ROM Fumiya Inaba and Ken-ichi Tanaka  
  Color Halftoning without generation of false color 2011年1月 Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2011 in CD-ROM Hiroki Arai and Ken-ichi Tanaka  
  Estimation of the optimal error diffusion coefficients for Kinoform Image Reconstruction using Genetic Algorithm 2011年1月 Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2011 in CD-ROM Yuta Shimizu and Ken-ichi Tanaka  
  Inverse Halftoning of color image 2011年1月 Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2011 in CD-ROM Yohei Kemuriyama and Ken-ichi Tanaka  
  Relationship Between Error Diffusion Coefficients, Object Size And Position For Dislocational 3D CGH 2011年1月 Proceedings of International Workshop on Advanced Image Technology 2011 in CD-ROM Kohei Tanaka and Ken-ichi Tanaka  
  Authentication of the reconstructed image from Computer Generated Hologram: To use the digital watermark 2011年1月 Proceedings of Artificial Life and Robotics 2011 in CD-ROM Norihiro Fujii and Ken-ichi Tanaka  
  The optimal method of searching the effective combination of dither matrix 2011年1月 Proceedings of Artificial Life and Robotics 2011 in CD-ROM Tsuneyasu Kato and Ken-ichi Tanaka  
  Color Halftoning Using the Error Diffusion Method by the Edge Emphasis and the False Colored Limit 2012年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2012 pp.59 (2012) Kazuya Kadoya and Ken-ichi Tanaka  
  Improved Evaluation of Edge Enhancement Applied in Computer-Generated Hologram”, Proc. IWAIT 2012 pp.59 (2012) 2012年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2012 pp.59 (2012) Shun-ichiro Abe and Ken-ichi Tanaka  
  Improvement of Computational Complexity of the Complex Hadamard Transform 2012年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2012 pp.67 (2012) Koshiro Kawaguchi and Ken-ichi Tanaka  
  Inverse Halftoning of Color Image Using Unsharp Mask 2012年1月 Proc. International Workshop on Advanced Image Technology 2012 pp.60 (2012) Hiroki Matsuo and Ken-ichi Tanaka  
  A Study of the Parts of the Hologram Required for Time-Shared Holographic Reconstruction 2013年1月 Proc. International Workshop on Advanced Imaging Technology 2013 pp. 817 ? 822 Kunihiko Takano, Seiya Kikumoto, Kazuki Motojima, Tomoya Yaguchi, Koki Sato, Makoto Ohki, Kikuo Asai and Ken-ichi Tanaka  
  Digital Color Halftoning Using Genetic Algorithm 2013年1月 Proc. International Workshop on Advanced Imaging Technology 2013 pp. 1089 ? 1092 Hiroki Hamashoji and Ken-ichi Tanaka  
  Generation of the Dither Matrix Using the Combination Optimization 2013年1月 Proc. International Workshop on Advanced Imaging Technology 2013 pp. 1152 ? 1155 Kohei Kato and Ken-ichi Tanaka  
  Improvement of Computational Complexity of the Complex Hadamard Transform 2013年1月 Proc. International Workshop on Advanced Imaging Technology 2013 pp. 1118 ? 1121 Koshiro Kawaguchi, Daisuke Kashima and Ken-ichi Tanaka  
  Improvement of the Recognition Rate of the Embedded Information by Phase Only Correlation 2013年1月 Proc. International Workshop on Advanced Imaging Technology 2013 pp. 1107 ? 1112 Kensuke Nabeta and Ken-ichi Tanaka  
  Optimization of the Dither Matrix for Embedding of the Confidential Image in a Binary Image 2013年1月 Proc. International Workshop on Advanced Imaging Technology 2013 pp. 494 ? 497 Keisuke Banba and Ken-ichi Tanaka  
  Three Dimensional Images Reconstruction on Computer Generated Holograms Using Simulated Annealing 2013年1月 Proc. International Workshop on Advanced Imaging Technology 2013 pp. 823 ? 827 Kenta Ayabe and Ken-ichi Tanaka  
  Inverse halftoning of color image using unsharp mask 2013年1月 Proc. Artificial Life and Robotics 2013 in CD-ROM Hiroki Matsuo and Ken-ichi Tanaka  
  The Three Optimization Methods of Searching The Effective Combination Dither Matrix 2013年1月 Proc. Artificial Life and Robotics 2013 in CD-ROM Shohei Niinuma and Ken-ichi Tanaka  
  Relationship input object position and optimal error diffusion coefficientsfor Kinoform using error diffusion method 2014年1月 International Conference on Artificial Life and Robotics 2014 in CD-ROM Daisuke Kashima and Ken-ichi Tanaka  
  Optimization of dither matrix by hybrid of Genetic Algorithm and Simulated Annealing 2014年1月 International Conference on Artificial Life and Robotics 2014 in CD-ROM Kohei Kato and Ken-ichi Tanaka  
  Inverse Halftoning using Multi-Layer Feed-Forward Neural Network 2014年1月 International Conference on Artificial Life and Robotics 2014 in CD-ROM Hiroki Hamashoji and Ken-ichi Tanaka  
  Embedding of the Confidential Image in a Dithered Color Image 2014年1月 International Conference on Artificial Life and Robotics 2014 in CD-ROM Keisuke Banba and Ken-ichi Tanaka  
  Three Dimensional Images Reconstruction on Computer Generated Holograms the Multiple Regression Analysis 2014年1月 International Conference on Artificial Life and Robotics 2014 in CD-ROM Kenta Ayabe and Ken-ichi Tanaka  
  Embedding used binary number conversion into a Color image 2014年1月 International Conference on Artificial Life and Robotics 2014 in CD-ROM Hiroaki Oguma and Ken-ichi Tanaka