氏名 古野 弘志(FURUNO Hiroshi) 職名・学位 准教授  修士(工学)・長崎総合科学大学,博士(工学)・広島大学
所属1 工学部工学科 船舶工学コース
所属2 大学院 工学研究科 生産技術学専攻(修士課程)
所属3 大学院 新技術創成研究所 海洋・複合新技術部門
所属4 大学院 新技術創成研究所 海洋エネルギー研究センター(兼担)
所属5 工学部 船舶工学科
所属学会 日本船舶海洋工学会
メール FURUNO_Hiroshi@NiAS.ac.jp
専攻分野 船舶工学,構造工学
専門分野 構造システム,構造解析,最適設計
研究テーマ
研究概要 【研究概要】
近頃では,船舶の初期設計段階における最適化プロセスにおいて,数多くの設計案が検討されている。しかしながら,これらの最適化プロセスにおいて有限要素法を用いて船体構造の強度評価を行うことは,計算時間やコンピュータの能力等の観点から困難である。このような背景から,より高性能な最適化設計手法や簡便かつ計算精度の良い簡易強度評価法の開発が望まれている。このため,我々は,遺伝的アルゴリズムやニューラルネットワークを用いた船体構造のための初期最適設計システムや簡易強度評価法の開発を行っている。

【職歴】
前職では、市場調査・商品開発(R&D),技術交渉,船殻構造図(基本図・詳細図)作成,強度計算・FEM解析,振動計測,アフターサービス(訪船・乗船),修繕監督,海難事故現地救援,学会・業界への社会活動等の業務に携わる。特に、中・大型のばら積貨物船,鉱石運搬船,油槽船等の船体強度及びIMO/GBS,CSR規則を専門とする。

【プロジェクト(担当科目)】
2017年度:
(1) 寺子屋材料力学 (野瀬,古野)
(2) 北極海航路の気候・地勢及び海氷状況調査(その1:北東航路編) (古野)
(3) 人工知能(ニューラルネットワーク)の動作体験 (古野)

【船舶工学基礎実験(担当科目)】
(1) イントロダクション (学生実験の心構え,レポートの書き方,有効数字,誤差等)
(2) ノギス,マイクロメータの使用方法
(3) サールの装置を用いた鋼線のヤング率測定
(4) ねじり振り子を用いた鋼線の横弾性係数測定,ポアソン比の計算

【卒業研究】
2017年度:
(1) 初心者のための剪断流解析プログラムの開発 (野瀬,古野)
(2) 潮流下稼働用海中ロボットの設計と製作(その1) (野瀬,古野)
(3) 潮流下稼働用海中ロボットのスラスタ性能試験 (野瀬,古野)

2018年度:
(1) 遺伝発生による人工知能(AI)の生成と船体構造設計支援システムの開発(その1) (古野)
(2) 遺伝アルゴリズムによる船体中央横断面の構造最適化に関する研究 (野瀬,古野)

【修士論文(副査)】
2017年度:
(1) 潮流下稼動用海中ロボットの基本設計と試作
(2) 機関室部を含む船体曲げ捩り強度解析に関する研究
担当科目等 【大学院】 薄板構造特論Ⅰ,【学部】 工学フォーラム,造船幾何,技術と倫理,船舶数学基礎,船舶工学基礎実験,造船設計Ⅳ,造船設計Ⅳ演習,船体強度論Ⅱ,プロジェクトⅠ,プロジェクトⅡ,プロジェクトⅢ,プロジェクトⅣ,卒業研究
特許
研究活動
学術論文 横断面の反りを考慮した船体縦強度理論の実用化に関する研究(第二報) 共著 1998年 西部造船会会報 第95号 ○野瀬幹夫,鈴木健介,古野弘志 pp.109-120
  Evaluation of Strength for Double Hull Structure in Initial Hull Planning and Optimization of Hull Weight with Genetic Algorithms 共著 1998年 Journal of The Society of Naval Architects of Japan, Vol.184 ○A.Katoh, Q.Li, H.Furuno, A.Matsuo pp.539-549
  バルクキャリヤの構造初期計画システムの構築 共著 1999年 西部造船会会報 第97号 加藤瞭,○李旗,古野弘志 pp.177-185
  DOUBLE HULL TANKERの構造初期計画システムの構築(その2 2L.BHDを有する大型タンカーの場合) 共著 1999年 西部造船会会報 第98号 ○李旗,古野弘志,加藤瞭,臼木重忠 pp.161-167
  構造内力としてのスロッシング圧の初期推定法(その1 多数の横桁が配置された場合) 共著 1999年 西部造船会会報 第98号 ○加藤瞭,臼木重忠,李旗,古野弘志 pp.89-96
  バルクキャリヤの構造初期計画システムの構築(その2 遺伝的アルゴリズムによる重量最適化) 共著 2000年 西部造船会会報 第99号 李旗,○古野弘志,加藤瞭 pp.193-202
  接水防撓パネルの固有振動数推定法に関する研究 -簡易推定法の導出とニューラルネットワークを用いた推定精度向上について- 共著 2001年 日本造船学会論文集 第189号 ○古野弘志,北村充 pp.281-289
  バルクキャリヤの構造初期計画システムの構築(その3 二軸圧縮場の座屈強度を考慮した最適設計法) 共著 2001年 西部造船会会報 第101号 ○古野弘志,加藤瞭,福島明寿 pp.177-184
  DOUBLE HULL TANKERの構造初期計画システムの構築(その3 遺伝的アルゴリズムによる重量最適化) 共著 2001年 西部造船会会報 第102号 ○古野弘志,北村充 pp.381-389
  A Study on Simplified Evaluation of Buckling Strength and Natural Frequency for Stiffened Panel 共著 2002年 Proceedings of The 12th International Offshore and Polar Engineering Conference ○H.Furuno, M.Kitamura pp.615-622
  二軸圧縮場におけるパネルの座屈強度に及ぼす防撓材の剛性影響について 共著 2002年 西部造船会会報 第103号 ○古野弘志,加藤瞭,楊風祥 pp.53-63
  初期計画における船体振動評価法の構築(その1 二重底構造固有振動数の推定) 共著 2002年 西部造船会会報 第104号 加藤瞭,○古野弘志,楊風祥 pp.193-199
  DOUBLE HULL TANKERの構造初期計画システムの構築(その4 船体構造の総合的最適化) 共著 2003年 西部造船会会報 第105号 ○古野弘志,北村充 pp.295-303
紀要 新しい船体縦強度理論を用いた自動計算システムの精度向上と船体の構造特性に関する研究 単著 1998年 長崎総合科学大学紀要 第39巻 第1号 古野弘志 pp.97-104
技報 バルクキャリアのブロックローディング時における船体構造強度に関する研究 単著 2003年 名村テクニカルレビュー 第6号 古野弘志 pp.61-66
  90,000DWTバルクキャリアの船体構造強度評価 共著 2006年 名村テクニカルレビュー 第9号 唐万明,神崎雄介,古野弘志 pp.46-51
  浅水影響を考慮した船体振動に関する検討(その1) 共著 2007年 名村テクニカルレビュー 第10号 古野弘志,神崎雄介,唐万明,足立明弥 pp.42-47
  浅水影響を考慮した船体振動に関する検討(その2) 共著 2008年 名村テクニカルレビュー 第11号 神崎雄介,古野弘志,唐万明 pp.46-51
  二方向引張状態における完全溶け込み十字継手溶接止端部の応力集中に関する研究 共著 2012年 名村テクニカルレビュー 第15号 古野弘志,田中孝幸 pp.34-39
  IACS Harmonised CSRの紹介とその寸法影響に関する一考察 共著 2014年 名村テクニカルレビュー 第17号 田中孝幸,永吉紗智子,古野弘志 pp.58-63
学位論文 有限要素法による薄肉断面梁の強度応答について 共著 1996年 長崎総合科学大学 工学部 船舶工学科 卒業論文 古野弘志,有森啓介,山中正樹  
  新しい縦強度理論を用いた自動計算システムの精度向上と船体の構造特性に関する研究 単著 1998年 長崎総合科学大学 大学院工学研究科 修士論文 古野弘志  
  構造初期計画における船体構造の総合的最適化システムの構築 単著 2003年 広島大学 大学院工学研究科 博士論文 古野弘志  
その他の主な活動
職歴 1998年4月~2016年12月 株式会社 名村造船所 (伊万里事業所,東京事務所) 勤務
技術委員会 2007年4月~2016年12月 Lloyd’s Register Group Limited (イギリス船級協会) 日本技術委員会 委員
  2007年7月~2011年3月 一般財団法人 日本船舶技術研究協会 標準部会 振動分科会 委員
  2009年3月~2016年3月 American Bureau of Shipping (アメリカ船級協会) 日本技術委員会 委員代理
  2009年6月~2016年12月 一般財団法人 日本海事協会 技術委員会 船体専門委員会 委員
  2009年7月~2015年5月 一般社団法人 日本造船工業会 技術委員会 設計部会 構造分野WG 委員
  2010年8月~2016年5月 一般社団法人 日本造船工業会 技術・企画合同戦略検討会 GBS-SCF問題WG SCF図面情報詳細定義SWG 委員
  2010年9月~2010年12月 一般財団法人 日本海事協会 COT用耐食鋼に関するガイドライン会議 メンバー
  2011年10月 Lloyd’s Register (イギリス船級協会) ロンドン本部技術委員会 海外助言委員
  2017年4月~ 西部造船会技術研究会 運営委員会 委員
  2017年4月~ 西部造船会技術研究会 構造部会 オブザーバ
学会活動 2017年5月~ 公益社団法人 日本船舶海洋工学会 西部支部 運営委員
  2017年5月~ 公益社団法人 日本船舶海洋工学会 西部支部 構造研究会 会員
共同研究 2006年4月~2007年3月 社団法人 日本中小型造船工業会 「IACS共通構造規則に関する船舶構造設計の研究」 (日本財団助成事業)
  2010年2月~2011年12月 公益社団法人 日本船舶海洋工学会 「ISO18072シリーズ最終強度算式検証のための研究委員会」 討論参加
  2010年8月~2016年5月 一般社団法人 日本造船工業会 「SCF詳細業界標準策定に関する研究開発」 (日本海事協会「業界要望による共同研究」事業)
  2010年9月~2013年9月 一般社団法人 日本造船工業会 「疲労強度に及ぼす板厚効果に関する研究開発」 (日本海事協会「業界要望による共同研究」事業)
  2013年1月~2014年1月 サノヤス造船株式会社,常石造船株式会社,株式会社名村造船所,セネルジャパン・エンジニアリングアンドシステムズ株式会社,アルテアエンジニアリング株式会社 「HyperWorksとFORANによるH-CSR FEモデル作成」 (日本海事協会「業界要望による共同研究」事業)
  2013年4月~2014年3月 一般社団法人 日本造船工業会 「調和CSR対応直接強度計算ソフトの検証」 (日本海事協会「業界要望による共同研究」事業)
学内担当 2017年4月~ 長崎総合科学大学 教務専門委員会 委員
  2017年4月~ 長崎総合科学大学 吹奏学部 顧問
  2017年5月 船舶工学コース 新入生研修旅行 ~大島造船所見学&クルージングの旅~ 企画・引率
  2017年8月~2017年9月 オーストラリア語学・異文化研修プログラム -Chaperon- (English Language Centre, University of New England, Armidale NSW)