氏名 石川 曉 職名・学位 教授
所属1 工学部工学科 船舶工学コース
所属2 大学院 工学研究科 生産技術学専攻
所属3
所属4
所属5
所属学会 日本船舶海洋工学会
メール ISHIKAWA_Satoru@NiAS.ac.jp
専攻分野 船舶流体力学
専門分野
研究テーマ 船舶の性能予測法ならびに省エネ船の開発
研究概要
担当科目等 流体力学Ⅰ,流体力学Ⅱ,船体抵抗推進論,船舶工学基礎実験,船体抵抗特論(大学院)
特許
研究活動
学会 円筒継手の応力集中係数について(その3) 共著 1987 西部造船会会報73号 縄田、川嵜、坂井、石川  
  Numerical Simulation of Stern and Wake Flow of Full Ship at High Reynolds Number 共著 1990 The West-Japan Society of Naval Architects, Vol.79 Ishikawa S., Patel V.C.  
  Study on Hydrodynamics Interaction between Hull and Submerged Foils 1991 J. of the Society of Naval Architects of Japan, Vol.169 Ishikawa S.  
  Application of CFD to Estimation of Ship’s Viscous Resistance -A Series of Full Hull Forms 1994 The West-Japan Society of Naval Architects, Vol.87 Ishikawa S.  
  CFDによる船体周りの流場ならびに推進性能の尺度影響に関する検討 1996 西部造船会会報91号 石川 暁  
  Hybrid Approach to Capture Free-surface and Viscous Effects for a Ship in a Channel 共著 1996 21th Symp. On Naval Hydrodynamics Bertram V., Ishikawa S.  
  解強制置換法を用いた船体周りの流場計算法 共著 1999 日本造船学会論文集第186号 川北、石川、佐々木、林  
  自航状態にある舵付き実用船型周りの造波流場計算 共著 2002 日本造船学会論文集第192号 高田、星野、石川、檜垣  
  青雲丸を用いたマイクロバブルの摩擦抵抗低減実船実験-前編: 準備研究- 共著 2002 日本造船学会論文集第192号 児玉,角川,高橋,石川,川北,金井,戸田,加藤,池本,山下,永松  
  青雲丸を用いたマイクロバブルの摩擦抵抗低減実船実験-後編: 実船実験- 共著 2002 日本造船学会論文集第192号 永松,児玉,角川,高井,村上,石川,上入佐,荻原,吉田,鈴木,戸田,加藤,池本,山谷,芋生,山下  
三菱重工技報 北海道東部地区における冬期実氷調査研究(第3報) 共著 1986 三菱重工技報Vol.23, No.1 川嵜、石川、田口、藤嶋、縄田  
  CFDによる流場解析の船舶への応用 共著 1997 三菱重工技報Vol.34, No.5 石川、安川、永松  
  粘性の影響を考慮した自由表面流れの計算 共著 2000 三菱重工技報Vol.37, No.5 石川、高田  
  CFD を用いた船型改良技術について ―造波抵抗低減と推進効率の向上― 共著 2007 三菱重工技報Vol.44, No.3 15.西垣、佐藤、石川  
  造船所の業務効率を改善する鋼材・部材管理システム 共著 2010 三菱重工技報Vol.47, No.3 16.大下、村岡、吉本、佐々木、石川  
  最新CFD技術の省エネ船型開発への活用 共著 2013 三菱重工技報Vol.50, No.2 西垣、川淵、石川  
  造波影響及びプロペラの回転影響を考慮した大規模非定常CFDによる船体周りの流場の推定 共著 2016 三菱重工技報Vol.53, No.2, 2016 川淵、窪田、石川  
シンポジウム等 氷荷重推定に関する一考察 共著 1985 第1回寒地技術シンポジウム 川嵜、石川、田口、戸沢、縄田  
  実氷および模型氷における押し込み試験 共著 1986 第2回寒地技術シンポジウム 209.川嵜、○石川、田口、戸沢、矢野  
  Indentation Tests of Laboratory and Field Ice Sheets 共著 1986 POLARTECH ’86, Helsinki Kawasaki T., Ishikawa S., Taguchi T., Tozawa S.  
  Model Tests of Jacket Structure in Ice Tank 共著 1986 OMAE ’86 Conference Kawasaki T., Yano S., Ishikawa S.  
  Elasto-Plastic Analysis of Ice Force on Cylindrical Structure 共著 1987 POAC ‘87 Taguchi Y., Kawasaki T., Tozawa S., Ishikawa S.  
  氷の破壊モードと氷荷重に関する一考察 共著 1987 第3回寒地技術シンポジウム 213.田口、川嵜、石川、宮川  
  Study of Ice Force for Offshore Structure 共著 1988 第1回オホーツク海と流氷/氷海の民に関する国際シンポジウム 214.Kaawasaki,T., Taguchi Y., Tozawa S., Ishikawa S.  
  Research on hydrodynamic Performance of TSL-A 共著 1993 Proceedings of 2nd International Conference on Fast Sea Transportation(FAST’93) 215.Kusaka T., Wada Y., Takashina J., Ishikawa S  
  Calculation of Incompressible Fluid Flows for Two Tanker Models 1994 Proceedings of CFD Workship Tokyo Ishikawa, S.  
  Application of CFD to the Design of Ship’s Hull Form 1994 The 3rd World Congress on Computational Mechanics (WCCM Ⅲ) 218.Ishikawa, S.  
  氷板圧縮時の独立破壊領域の実験的推定 共著 1995 第10回オホーツク海と流氷/氷海の民に関する国際シンポジウム 亀崎、山内、堀川、川嵜、石川、戸沢  
  A Series of Model Tests in Ice-going Cargo Ships for Future Traffic in the Nortern Sea Route 共著 1995 INSROPE(International Northern Sea Route Progrumme) Symposium Tokyo ’95 Ishikawa S., Kawasaki S.  
  傾斜壁構造物に作用する氷荷重の実験的研究 共著 1995 第11回寒地技術シンポジウム 太田、石川、川嵜  
その他の主な活動
日本造船研究協会 平成5年4月~8年3月 SR222 大型肥大船船尾流場推定法の高度化
  平成8年4月~11年3月 SR229 数値流体力学による最適船型設計法の研究
  平成10年4月~12年3月 SR239 船舶の摩擦抵抗低減法に関する研究
造船工業会 平成11年 STEPを装備した数値流体解析による船型最適化システムの構築
学会 平成19年10月~20年3月 CFD 戦略研究委員会(日本船舶海洋工学会ストラテジー研究委員会)