title


寄付金のご案内
 
学校法人 長崎総合科学大学
「未来創造寄付金」趣意書


《長崎総合科学大学は、創立76周年を迎えます》
 昭和17年(1942年)に創設され、本年(2018年)に76周年を迎える長崎総合科学大学は、長崎市網場地区のグリーンヒルキャンパスに大学施設を集積し、現在、工学部・総合情報学部の8コース、大学院工学研究科、別科日本語研修過程を配置するとともに、シーサイドキャンパスに附属高等学校を擁する工業系大学として、地域社会の中で大きな役割を果たしています。

《日本のものづくりの技術と精神を継承します》
 本学の最も基本的な使命は、「自律自彊」・「実学実践」・「創意創新」・「宇内和親」の4つの柱から成る、「建学の精神」に基づいた「きわめる」・「拓く」・「創り出す」の3つの学びの実践を掲げて、自発的で創造性豊かな人間を育成することであります。

《徹底した全人教育により世界に貢献する人材を育てます》
 本学は、時代の要請に応じた高度な教育・研究の機能と責務を遂行することによって、魅力ある教育・研究の推進に努め、高い専門性と豊かな人間性を養う全人教育を実践し、国際社会でも活躍できる人材を育成してまいります。
 
《長崎の地域とともに歩み、発展をめざします》
 地域に開かれた学園として、地域経済の振興や、文化スポーツ活動など「地域創生」に積極的に参画し、貢献してまいります。
 
 本学が更に教育や研究に力を入れ、発展するための資金として「学校法人 長崎総合科学大学 未来創造寄付金制度」を平成27年度に創設しました。  皆様から頂きました寄付金は、学生のための教育環境の充実、教育研究環境の整備などに有効に活用してまいりますので、趣旨をご理解の上、ご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。   


学校法人 長崎総合科学大学

理事長
 
立石
学 長
 
木下
校 長
 
田原
章吾

税制上の優遇措置
 
申込書請求
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


寄付金のご案内

 寄付金は以下の経費に充て、学園が行う事業をより一層充実させるための資金とさせていただきます。

  • 教育のための経費
  • 学術調査研究のための経費
  • 地域貢献活動に要する経費
  • 施設整備のための経費
  • 学生・生徒の奨学のための経費
  • 学生・生徒のスポーツや課外活動のための経費
  • その他本学園が必要とする経費

寄付金の単位

  • 個人   一口3,000円 (何口でも結構です)
  • 法人   一口あたりの金額は特に定めておりません。

寄付手続きの流れ

① 寄付のお申し込み
  リーフレットに添付の「寄付申込書」に必要事項をご記入、ご捺印のうえ、返信用封筒(きみどり色)にて、ご返送またはご持参ください。

② 寄付金のお払込み
  寄付金のお払込みは、添付の払込み用紙をご利用のうえ、銀行または郵便局でお払込ください。

   ※1  親和銀行本支店、十八銀行本支店、ゆうちょ銀行でお払込みの場合、添付の払込み用紙をご利用いただくと、振込手数料はかかりません。
       その他の銀行からのお払込みの場合は所定の手数料が必要となります。
   ※2  月払い、年払いでの継続的な寄付を希望される方は別途ご相談ください。



個人情報の取り扱いについて

   寄付により取得した個人情報については、厳正な管理を行うこととし、本学からの領収書等の送付のほか、本学から寄付者に連絡する必要がある場合、
   地方自治体などより提出を求められた場合にのみ利用します。
   また、「学校法人長崎総合科学大学における個人情報保護に関するガイドライン」に基づき、漏えい、滅失及びき損の防止その他の個人情報の適正な
   管理のために必要な措置を講じます。




その他

   ① ご寄付をいただいた方には、広報誌「CAMPUS PRESS(学報)」など本学が発行する情報誌をお送りいたします。
   ② 寄付金をいただいた方はご芳名を広報誌「CAMPUS PRESS(学報)」に掲載させていただきます。
     なお、ご芳名の掲載を辞退される場合は、「寄付申込書」の「□掲載を辞退する」の欄に☑を入れて、お申込みください。
   ③ 50万円以上(累計金額)のご寄付をいただいた方には、本学から感謝状を贈呈いたします。




トップへ



税制上の優遇措置

 この制度にご協力いただいた寄付金は、次のような税制上の優遇措置が受けられます。
 詳細につきましては、最寄りの税務署にご相談ください。


個人の場合

  • 所得税
  • 控除は「税額控除」と「所得控除」のいずれか一方の制度が選択できます。

         ●「税額控除」の場合
         控除額 =  ( 寄付金額 - 2,000円 ) × 40%

         ※1 寄付金額は当該年の総所得金額等の40%が限度となります。
         ※2 控除は所得税額の25%が限度となります。

         ●所得控除の場合
         控除額 = 当該年中に支出した寄付金の額 - 2,000円

         ※ 寄付金額は当該年の総所得金額等の40%が限度となります。


  • 個人住民税
  • 長崎県内に在住の方で、地方自治体が条例指定している場合は、住民税についても寄付金控除が受けられます。
    自治体の条例指定の有無、控除の内容につきましては、各自治体によって異なりますので、直接自治体へお問い合わせください。
         個人県民税の控除の対象となる自治体例 - 長崎県
         個人市町村民税の控除の対象となる自治体例 - 長崎市、佐世保市、諌早市、大村市など

    ※当該の地方自治体から要請があった場合は、本学より寄付者名簿を提出することがありますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。


  • 手続き
  • 所得税、または所得税と個人住民税両方の優遇措置を受ける場合は、寄付をした翌年に所轄税務署で確定申告を行ってください。

    ※新入生保護者の皆様からのご寄付につきましては、入学年の12月までは税法上「学校の入学に関する寄付金」とみなされ、
      寄付金控除の対象とはなりませんので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。


法人の場合

寄付金は、その事業年度の損金に算入することができます。ただし、損金算入限度額があります。
本学発行の「領収書」と「特定公益増進法人であることの証明書」の写しは、寄付金収納後速やかにお送りします。


トップへ


申込書請求 ・ 問合せ先

下記へご連絡いただくか、フォームからご請求いただきますと、申込書一式をお送りいたします。

    長崎総合科学大学 財務課 未来創造寄付金担当
     〒851-0193 長崎県長崎市網場町536
     TEL 095-839-3111(代表)   FAX 095-839-0584
     E-mail mkifu@NiAS.ac.jp



トップへ