【掲載:長崎新聞】ペーロン部が田上富久市長に中国の大会出場を報告(2018.6.8長崎新聞)

2018年06月11日

ペーロン部が6月17日から中国・福州市で開かれるペーロン大会に参加します。

 

日中平和友好条約の締結40周年を記念して交流を深めたいと友好都市の福州市から長崎市に要請があり、本学学生チームが派遣されます。学生たちは福州市の青年たちと合同チームを編成して出場します。

 

田上市長は「本当の友好は、お互いの市民の行き来が重要。君たちが二つの市の架け橋になって繋げてほしい。体調管理を万全に頑張ってきてください。」と激励をいただきました。

牧瀬将真主将(工学部工学科医療工学コース4年)は「大学生としてこのような機会を頂いたことを光栄に思います。初めての海外レースです。ペーロン発祥の福州市で長崎代表として恥じないレースをしてきます。」と意気込みを述べました。

 

 

牧瀬将真主将が意気込みを述べました

牧瀬将真主将が意気込みを述べました

田上市長がきさくに話してくださいました

田上市長がきさくに話してくださいました

記念撮影

記念撮影

テレビや新聞の方にインタビューされる牧瀬主将

テレビや新聞の方にインタビューされる牧瀬主将


  • NiAS入試マガジン
  • 長崎総合科学大学 Facebook公式ページ
  • NiASムービー
  • NiASセミナー
  • 情報公開
  • 専任教員の紹介
  • 公開講演会・公開講座
  • 研究・産官学連携
  • 教員公募

モバイルサイトモバイルサイトの詳しくはコチラ


アドビリーダーのダウンロード当サイト内の一部のコンテンツをご覧になるには最新の「ADOBE READER」が必要です。「ADOBE READER」はこちらからダウンロードできます。