What’s new

平成31年度入学式を挙行

2019年04月02日

入学式が本学体育館で挙行されました。

池上学長から祝福の拍手を差し出され、応える学部生代表。

 

 

▶入学・進学した皆さん方から

 

工学研究科 修士課程 電子情報学専攻
古賀 泰之 さん


従前から「大学院にいかないか」と先生から声かけをしていただいてました。進学を確実に決めたのは4年生当初の説明会でです。実社会で通用する力を付けたいと思ったことと、生涯年収等のことを考えて決めました。大学院は学習が大変になりますが、メリットも大きいと先生から聞いています。
大学院では学部の時以上に研究に励むつもりです。昨年度、電子情報通信学会九州支部学生会講演奨励賞を受賞し大変励みになりました。これからも少しでも多く学会で発表したいと考えています。

 

工学部工学科 建築学コース
伊藤 大河 さん


高校でインテリアを学んでいくうちに、本格的に建築家への道を志すようになりました。この大学に決めたのは昨年度末。担任の先生をはじめ高校の複数の先生方が、この大学のOBだったので近くに感じていました。
自分独自の設計デザインを創り出せるようになりたいと思っています。特に内装に引かれていますのでその方面を模索しています。それから早速サッカー部に入部しましたので、こちらでも活躍できるようになりたいと考えています。

 

工学部工学科 建築学コース
VU DINH TUNG(ブー ディン トゥン) さん


ベトナムから1年前に来て本学の別科日本語研修課程で学んだ後、この春学部の建築学コースに進学しました。大学まで進むことは母国にいるときから計画していました。
日本に留学したのは、ベトナムで日本のことをインターネットで調べ、その技術の高さに驚いていたからです。大学を卒業したら一旦日本の会社に就職をし、その後ベトナムに帰って力を尽くすのが私の夢です。