公開講演会

本学の新技術創成研究所は、「21世の科学技術」という大テーマのもと毎年公開講座を開催しています。これは新技術の先端的研究を広く地域に紹介し、企業、自治体、学校などとの連携を深める取組です。

2019年

「プレイステーションの開発とサイバーワールド」
(株)プライムクリエイト代表取締役社長 三浦和夫氏
(元ソニー・コンピュータエンタテインメント取締役副社長)

「社会を豊かにする5G世界とクアルコムの役割」
クアルコムジャパン合同会社の代表社長 須永順子氏

「IoT時代のパワーエレクトロニクス」
本学 黒川不二雄 特命・学術教授

公開講演会の詳細はこちら

2019年

2018年以降の公開講演会

2018年以降の公開講演会の詳細はこちら

公開講座

講座情報はございません。

イベント

イベント情報の詳細はこちら

新技術創成研究所

当研究所は先端技術による新技術の創成と新事業の創出を目的とし、環境エネルギー技術や情報技術、ナノ・新素材技術、バイオ技術などの新分野に寄与する研究を行っています。一方、基礎科学研究として、国際共同研究などを通した最先端素粒子物理学、および様々な理論物理・化学研究を推進しています。これらの研究は、博士課程の大学院生の参加のみならず、各分野トップクラスの研究者も招くなど、21世紀に対応した先端的研究の核となるものです。

新技術創成研究所の詳細はこちら

東長崎エコタウン構想

長崎総合科学大学が持つ「環境エネルギーの創出、蓄電、制御技術」等の研究成果と長崎県内の産官学が有する関連技術と東長崎地区の地域特性を活用し、東長崎地区で行う「エネルギーの地産地消」、「環境に優しく安全・安心なまちづくり」に関する調査・研究・実証試験を行っています。
一例として、下水処理場内において水処理後に残った汚泥から燃料として利用可能なメタンガスを抽出、そして残った汚泥も発酵・乾燥して良質な肥料として利用することで、下水汚泥処理のゼロエミッションを実現できる技術を確立しました。
また、全国の先進的な取り組み事例の発表、地域が抱える課題とそれを解決するための技術の紹介する公開講演会などを開催し、地域の方々、企業、自治体と一緒にエコタウン構想の実現に向けて取り組んでいます。

東長崎エコタウン協議会の詳細はこちら

本学の産官学連携

産官学連携の詳細はこちら